読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せきれいの森

書きたいこと、つらつらと。

本のひとこと -中山七里-

まれに、本の数行から目がはなせなくなることがあります。

完全にストーリーを離れ、
その言葉だけがスポットライトを浴びるような感覚。
 
 
 
「人はね、なりたいものになれるの。
なれなかった人は、
どこかでそれを拒否してしまった人よ」
中山七里 『嗤う淑女』より

f:id:sekireinomori:20160530093944j:image
 
 
 
私の場合、それは
自分のなかで言葉になりきれていない感情や
常識や慣例という蓋で閉じて見えないふりをしていた感情に
思いがけず出合う瞬間なのかな、と思います。
 
そんな言葉に出合うと
ひとりうれしくなってしまいます。