せきれいの森

書きたいこと、つらつらと。

出会うために生まれてきた

「実は、さよならを言いにきたの」

「えっ・・・」

「ごめん。気をもたせて。本当にごめん」

「・・・」

彼女はだまって私をみつめていた。

ピーコックグリーンの瞳で。

 

 

 

縁がなかったのだと思おう。

24時間で決断しろというほうが難しいのだ。

私は自分のふがいなさに言い訳をしつつ彼女から逃げた。

 

目の前で他の人と生きていきますと言われほうがどれだけ楽か。

昨日、彼女に会ってひとめぼれをした。

聞けば彼女は翌日(つまり今日)の夜までしか福岡にいないという。

仕事をしていても、夕食の準備をしていても、

心は彼女からはなれなかった。

一晩彼女のことを考えて眠れなかった。

 

 

 

ふぅ。

めずらしく大きなため息をついて、私は車をだした。

本当に後悔しないのか。

彼女はこれからの私の支えになってくれるのではないか。

そしてまた、彼女を輝かせてあげられる人は

私をおいてそういないのではないか。

 

 

 

彼女は隠しようのない美しさで私を待っていてくれた。

そして戻ってくるのを知っていたかのように、

満面の笑みでほはえんだ。

「ごめんね、迎えにきたよ。一緒に帰ろう」

「一緒に、まいります」

 

 

 

f:id:sekireinomori:20190311071534j:image

 

 

 

久しぶりに心が震えるお買い物をしましたわ。

心が震えるお買い物は、心を強くする。

彼女は私がなりたい自分になることを支えてくれる、きっと。絶対。

 

 

 

 

というわけで、

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン#私の未来予想図

私はこのネックレスをナチュラルに日常に取り入れて仕事をし、生活をしている。

愛するものに囲まれて。

 

バナー
Sponsored by POLA