読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せきれいの森

書きたいこと、つらつらと。

今週も涙

今週もまた私は泣くんだろうか。

そう思いながら毎週とあるドラマを見る。

「はじめまして、愛しています。」

 

 

 

第一話、「運命って、命を運ぶって書きます」

うん、いいセリフだ。うんうん。

だけど真千子、いきなり養子とか里親とか、無鉄砲だわ。

 

第二話、「この人は絶対あんたを傷つけない。

絶対裏切らない。そんな人の手は、絶対放しちゃだめ。

一度離したら、二度と戻ってこないんだから。

どうすんの。自分が決めなさい」

そしてこどもがそっと真千子の手をとる・・・

 

第三話、「帰るよ!はじめ」って真千子が呼ぶ、

さもそれが当然かのように。

こどもが駆け寄ってくる。

 

第四話、出産ごっこ。

「生まれてきたら、いっぱいいっぱい愛してあげようね。

どんなことがあっても、いつもそばにいて、大切にしようね」

「ほら、生まれてきて大丈夫だから。(中略)

安心して出ておいで、はじめ!」

 

 

 
世の中そんな単純じゃないことはわかってるんだけどね。

勝手に涙がでるんだもんね。

しかたないね。

 

 


そういえばこの本を読んだときも号泣したな。

『わたしがあなたを選びました』

 

f:id:sekireinomori:20160805181213j:image

 

 

 

みんな、こどもから始まるんだな。

そして昔、私もこどもだったんだな。