読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せきれいの森

書きたいこと、つらつらと。

天皇というお仕事とお立場

私たちはこのおじいちゃんの笑顔をよく知っている。

だけど、お話ししたことは、ない。

だけどだけど、私たちはこのおじいちゃんのことを

とても近しく感じているし、

なんだかわからないけどテレビで見かけるとほっとするし、

このおじいちゃんにしあわせになってほしいなぁと思っている。

 

そんなおじいちゃんから、お言葉があった。

お仕事は天皇でお立場も天皇なのだそうだ。

 

小学生から耳の遠いご高齢の方までが理解できる、平易な言葉だった。

柔らかくてまっすぐで芯のある言葉だった。

たぶんおじいちゃんはすごくすごく考えて作文をしたんだと思う。

私たちのこと、ご自分の家族のこと、

そして未来の日本に生きるみんなことを考えて、ご自分の思いの丈を話された。

 

おじいちゃんはおとなしそうにみえて、若い頃からピュアで大胆なの。

柔らかい笑顔で道なき道を歩いてきたひと。

そのおじいちゃんが、考えに考えて選んだ最善と思われるこれからの道。

ずっとがんばってきたこと、ずっと悩んできたこと、

ずっと私たちを見守っていてくれたこと、私たちは知っている。

私はおじいちゃんに穏やかな老後を過ごしてほしいと思っている。

どうかおじいちゃんのお気持ちがみんなに通じますように。